アイデアの破壊力に、ゾクゾクする毎日を。

「事業創造」で企業を強くする会社

メール相談
リアル面談
WEB面談
アイデア
YouTube

「リアル売り場」体験で万来!<22年度日本の専門店調査>YAMADA、ユニクロ、ウエルシア|第313回日経MJで新規ビジネス考えてみた|2023年08月03日

「夜アイス」

「シメパフェ」

50を過ぎたおじさんには馴染みのない言葉ですが、20時以降に行列ができるスウィーツ店があります。

その名も「21時のアイス」

開業から約3年で全国に40店舗近く展開する人気店で、夜アイスの需要を見事に取り込みました。

来店客は20〜30代が中心で、夜8時から深夜にかけて来店が増えるそうです。

また、札幌特有の「シメパフェ」の文化も東京をはじめ、大阪、福岡など広がっています。

一次会は飲み会で二軒目は居酒屋をはしごせずパフェ。

おじさんの私もお酒は一次会だけで十分で、実は帰りたい派です。

帰りにコンビニでスウィーツを買って家で食べる、これが出張先でのルーティーンです。

さて、今回はシメ需要を活かした起業アイデアを考えてみました。

ポイントは「二毛作」

続きは、ぜひ動画をご覧ください。新規ビジネスは3分でプレゼンしております!

     *     *     *     *

YouTubeで生配信しました!

「走るデパ地下、FC事業で200億円目指す」

第313回日経MJで新規ビジネス考えてみた|2023年08月03日

▼「リアル売り場」体験で万来!<22年度日本の専門店調査>YAMADA、ユニクロ、ウエルシア

<本日のINDEX>

【1】今朝一面記事|「リアル売り場」体験で万来!<22年度日本の専門店調査>YAMADA、ユニクロ、ウエルシア

【2】注目した記事|走るデパ地下!阪急百貨店のスイーツ移動販売、限定品を病院や介護施設へ

【3】新規ビジネス|喫茶店の“イブニング”文化は若者起業の第一歩!

小島章裕

小島章裕

社会人1年目から通販会社の苦情係として1日200件以上の苦情対応を経験。その後転職し、広告会社に入社、企画部へ。ひたすら企画書を作成し、プレゼン(コンペ)、新規顧客の獲得の日々を3年続ける。この時、「企画料」は値引き対象になることに疑問を抱き、「企画専業」会社で起業する。創業(2001年)から一貫して「企画で飯を食う」「手数料・マージン商売はしない」「自社にしかできない仕事しか受けない」をポリシーに新しい価値を生み出す企業として現在に至る。新サービス・新規事業を企画立案し、立ち上げ、販促(集客)、収益化を得意とする。2003年から1日1企画のメルマガ 「企画生ノート」を平日日刊で続け、現在も継続中。20業種以上の企業と新規事業、新商品開発、販売促進などの企画立案に携わり、自らも新規事業を立ち上げ、成功も失敗も繰り返した経験を持つ。上場企業から中小企業、経済団体など講演・セミナー回数も500回を超え、ワークショップ中心の飽きさせないセミナーには定評がある。

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

PAGE TOP