アイデアの破壊力に、ゾクゾクする毎日を。

「事業創造」で企業を強くする会社

メール相談
リアル面談
WEB面談
アイデア
YouTube

田舎戦略で「や台ずし」躍進!一等地避け340店、内装は自前「客も働き手も程よく集まる」|第345回日経MJで新規ビジネス考えてみた|2023年12月06日

「乗降客6,000人の候補駅、全国に2500」

第345回日経MJで新規ビジネス考えてみた|2023年12月06日

▼田舎戦略で「や台ずし」躍進!一等地避け340店、内装は自前「客も働き手も程よく集まる」

#や台ずし #センサリールーム #テイクアウトビジネス

<本日のメニュー>

01:58【1】今朝一面記事

田舎戦略で「や台ずし」躍進!一等地避け340店、内装は自前「客も働き手も程よく集まる」

16:08【2】注目した記事

障害者アートのヘラルボニー、屋外フェス・アウトレットなどに「センサリールーム」普及へ

24:48【3】新規ビジネス3分プレゼン

途中下車もあるかも!?ホームの待ち時間がワクワクするテイクアウトアプリ

▼本日の新規ビジネス「テーマ」

「人材を確保しやすい」

今、飲食店にとって出店する際、ここが一番ポイントになるのではないか。

お持ち帰り・デリバリー専門店の出店を外食各社が力を入れています。

吉野家、マクドナルド、タリーズコーヒー、モスバーガー。

お持ち帰り・デリバリー専門店は既存店より面積が半分程度で投資額も低く、物件も見つけやすい。

しかも、接客・配膳などの教育が不要なためアルバイトが集まりやすい利点があります。

人手不足感が他の業種比べてダントツに高い飲食業界、持ち帰り・デリバリーの消費行動がコロナ禍から定着しつつあり、今後もお持ち帰り・デリバリー専門店を積極的に出店する傾向にあります。

今回の新規ビジネスは「テイクアウト」をテーマに考えてみました。

通勤で電車を利用しており、駅のホームで立っている時に思いついたアイデアです。

続きは、ぜひ動画をご覧ください。新規ビジネスは3分でプレゼンしております!

小島章裕

小島章裕

社会人1年目から通販会社の苦情係として1日200件以上の苦情対応を経験。その後転職し、広告会社に入社、企画部へ。ひたすら企画書を作成し、プレゼン(コンペ)、新規顧客の獲得の日々を3年続ける。この時、「企画料」は値引き対象になることに疑問を抱き、「企画専業」会社で起業する。創業(2001年)から一貫して「企画で飯を食う」「手数料・マージン商売はしない」「自社にしかできない仕事しか受けない」をポリシーに新しい価値を生み出す企業として現在に至る。新サービス・新規事業を企画立案し、立ち上げ、販促(集客)、収益化を得意とする。2003年から1日1企画のメルマガ 「企画生ノート」を平日日刊で続け、現在も継続中。20業種以上の企業と新規事業、新商品開発、販売促進などの企画立案に携わり、自らも新規事業を立ち上げ、成功も失敗も繰り返した経験を持つ。上場企業から中小企業、経済団体など講演・セミナー回数も500回を超え、ワークショップ中心の飽きさせないセミナーには定評がある。

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

PAGE TOP