アイデアの破壊力に、ゾクゾクする毎日を。

「事業創造」で企業を強くする会社

メール相談
リアル面談
WEB面談
アイデア
YouTube

秋葉原「ジャンク品」流通増!ネットで情報入手が背景「スマホ・PC部品を買う中高生」|第303回日経MJで新規ビジネス考えてみた|2023年06月27日

「ジャンク品に小中学生が興味をもった理由」

▼秋葉原「ジャンク品」流通増!ネットで情報入手が背景「スマホ・PC部品を買う中高生」|第303回日経MJで新規ビジネス考えてみた|2023年06月27日

【本日のINDEX】

【1】今朝一面記事|秋葉原「ジャンク品」流通増!ネットで情報入手が背景「スマホ・PC部品を買う中高生」

【2】注目した記事|コクヨ「新事業創出プログラム」から生まれた新商品「ほろもに」

【3】新規ビジネス|再現性が高い農業モデルだからこそ「オーダーメイド有農パッケージ」

<今回の新規ビジネスの視点>

個人的に推し活したくなる企業を見つけました。

同じ名古屋の企業ですが、トクイテンというスタートアップ企業です。

「環境制御型」の栽培施設でミニトマトを有機栽培する企業ですが、単なる農業法人ではありません。

有機栽培の弱点である手間がかかる作業を自動化するロボットも自社開発しています。

しかし、環境制御型施設でロボットを使うと想像すると最終目標は「全自動化」に思えますが、違います。

「有機栽培で作物を育てて安定的に利益を出す」ことが目的のため、人の手も使いながら再現性の高い農業モデルを構築するために環境を制御し、ロボットも使うのです。

いろいろな環境制御型施設を開発している企業を聞いてきましたが、このようなアプローチの仕方は初めてです。

まさに推し活したい企業です。

そこで、今回はトクイテンが24年から進める予定のビジネスモデルのパッケージ販売について、一つ考えてみました。お役に立てば幸いです。

ポイントは「オーダーメイド」です。

続きは、ぜひ動画をご覧ください。新規ビジネスは3分でプレゼンしております!

小島章裕

小島章裕

社会人1年目から通販会社の苦情係として1日200件以上の苦情対応を経験。その後転職し、広告会社に入社、企画部へ。ひたすら企画書を作成し、プレゼン(コンペ)、新規顧客の獲得の日々を3年続ける。この時、「企画料」は値引き対象になることに疑問を抱き、「企画専業」会社で起業する。創業(2001年)から一貫して「企画で飯を食う」「手数料・マージン商売はしない」「自社にしかできない仕事しか受けない」をポリシーに新しい価値を生み出す企業として現在に至る。新サービス・新規事業を企画立案し、立ち上げ、販促(集客)、収益化を得意とする。2003年から1日1企画のメルマガ 「企画生ノート」を平日日刊で続け、現在も継続中。20業種以上の企業と新規事業、新商品開発、販売促進などの企画立案に携わり、自らも新規事業を立ち上げ、成功も失敗も繰り返した経験を持つ。上場企業から中小企業、経済団体など講演・セミナー回数も500回を超え、ワークショップ中心の飽きさせないセミナーには定評がある。

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

PAGE TOP