暗号資産「ファントークン」でファンクラブ運営|第18回 今朝に日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2021年8月2日

<本日の前説|YouTube>
おはようございます。きょうも「今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた」を生配信いたしました。この生配信は、日経MJが発行される月、水、金曜日に行なっております。

本日の日経MJのトップ記事は「暗号資産」についてです。「仮想通貨」と言った方が馴染みがあるかもしれません。暗号資産技術をスポーツに応用した「ファントークン」が注目を集めているそうです。資金調達の方法も多彩になりましたよね。このファントークンは株のように売買もできるそうで、価格がクラブが提供するファンサービスへの評価でもあり、クラブの魅力を可視化する機能も持つようですが、新たなリスクもはらんでいますよね。

個人的に注目した記事の一つが、ライオンの新商品「衣類の爽快シャワー」。ネーミングの理由というコーナー記事です。私が注目したのはネーミングではなく、この商品が新習慣を提案するというコンセプトという点です。新商品が定着するかどうかは習慣に組み込めるかが重要ですからね。新習慣について語っております。

もう一つの注目記事は、アイリスオーヤマが小売店の店内照明の色合いが来店客の購買行動にどのように影響を及ぼすか検証しているそうです。人工知能カメラを使って来店客が購入した商品や滞在時間などを細かくデータ化します。記事の中で面白い情報があり、店内に流れる音楽のピッチが緩やかな曲だと消費者の周遊時間が長いとか、日用品売り場の照明は温かみを感じやすい暖色の方が購入につながるとか。企画マンがネタにしたい情報がたくさん書かれていました。

最後は、新規ビジネスについてです。今回のネタは電動キックスケーターについてです。日本でも規制緩和がされたのをきっかけに米国の大手企業が参入してくるそうです。この手のサービスは資本力が強い企業が圧倒的に有利です。その企業の機体にはSIMカードやGPSを装備して、走行を認めた道路以外では走行できなくなるなど細かい設定もできるそうです。これは導入する際に大きなメリットになりますね。

今回は電動キックスケーターについて、私が考えたビジネスについて5分でプレゼンしました。

では、ぜひご覧ください。

関連記事

  1. 日本のYouTubeは「ファンダム」が熱い!月間利用者7000万人に迫…

  2. ケアは匠より仕組みで業界トップ/施設経営、飲食店参考に|第154回今朝…

  3. フリマ世代の購買行動「リセールバリュー」売れる安心感が購入を後押し|第…

  4. 小売業 新たな時代へ進化 西友、セブンイレブン、CCC 〜第32回流通…

  5. インディーゲームの祭典「ビットサミット」出版社・SNS新たな武器探す|…

  6. QUEEN今もロックユー 50周年新規ファンが止まらない|第66回今朝…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Podcast<放送中!>

新刊「大丈夫、策はある」(ごま書房新社)

企画参謀の相談室