サイバーエージェント「広告モデル 無限に分身」|第42回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2021年9月29日

【本日のINDEX】
1.一面記事|サイバーエージェント「広告モデル 無限に分身」
2.注目記事|冷食、コロナ下で存在感
3.新規ビジネス|店内スタジオからSNS発信

<本日の前説|YouTube>
今朝も8時からYouTubeで生配信をしました。もう9月が終わりますね。。。今年もあと3ヶ月か。

個人的な今年一番の出来事は、こうして生配信をしたことです。顔出しNGにしていた自分からは相当がんばっています!

さぁ、早速今朝の日経MJの一面をご紹介いたします。驚愕の世界がすでに始まっているようです。

サイバーエージェントが新サービス「デジタルツインレーベル」を立ち上げました。同社が著名人側と契約して制作したCGモデルの著作権を広告などに活用していくサービスです。

2023年までに500人のCGモデル化を進めるそうです。すごい時代になりまいたね。

実は気づいていないだけですでにCMなどでCGモデルを使っているようです。まさに仮想現実です。

次にご紹介する記事は、個人的に注目した記事です。きょうは「冷凍食品」です。

冷凍食品といえば、お弁当のおかずとして定番ですが、最近は夕食のメインを張れるボリューム感と美味しさがあります。

先日、我が家の夕食では冷凍餃子がメインでした。いつも我が家の餃子は手作りですが、頂いたので食べてみました。

すると・・・

美味しいし、手軽! これは冷凍食品にはまる理由もわかります。

しかし・・・

困ったこともあります。「冷凍庫バラバラ問題」です。使い勝手よく小分けにされていますが、これが袋から飛び出し、冷凍室の底で「いつの?」という“化石”状態で見つかることはありませんか?

さらに・・・

平置きするので下の方が見えない問題もあります。そのため、ちょっとしたことですが、こんなパッケージにしたらこの二つの問題も解決するのでは!というアイデアをご紹介しました。

最後は、新規ビジネスの5分プレゼンです。今回のテーマは「店内スタジオ」です。

チラシや雑誌に広告を載せるよりSNSで発信した方が効果が高い時代です。わざわざ業者へ映像制作の依頼をするより自前で撮影した方が低予算できます。機材も安いですからね。

だったら、リアル店舗を作ったら常設の店内スタジオをマストで作ったらどうでしょう?

街中にスタジオが増えた時の新規ビジネスについて考えてみました。

店舗にとっても思わぬ形で「協賛」でき、SNSで宣伝できます!

ぜひ、動画をご覧ください!

▼サイバーエージェント「広告モデル 無限に分身」|第42回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2021年9月29日

関連記事

  1. トレンドマップ2021下半期 消費の主役は「オタク」#推しのいる生活|…

  2. 第10回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2021年7月14日…

  3. #06 記事と珈琲とこぼれ話|stand.fm|ライブ配信

  4. 「企業目線では伝わらない」を自覚せよ(Z世代を意識した取組み)|第30…

  5. すごい!アパレルEC編 安・直・探|#15 今朝のアイデアの破壊力ラジ…

  6. 初の減収 コロナ直撃(20年度コンビニ調査)|第25回今朝の日経MJで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Podcast<放送中!>

新刊「大丈夫、策はある」(ごま書房新社)

企画参謀の相談室