2021年ヒット商品番付 西横綱大谷翔平 東横綱Z世代|第70回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2021年12月03日

▼2021年ヒット商品番付 西横綱大谷翔平 東横綱Z世代|第70回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2021年12月03日

【本日のINDEX】

00:55|1_一面記事|2021年ヒット商品番付 「らしく」翔ぶ Zの流儀
06:19|2_注目記事|吉本芸人がオンラインジム講師
11:02|3_新規ビジネス|あの大人気食品を使って新しいデリバリービジネス!

<本日の前説|YouTube>
▼今朝の日経MJの一面は、毎年恒例の「ヒット商品番付」です。

今年の横綱は、西は大谷翔平選手、東はZ世代。

意外だったのが、「東京五輪」が横綱でないこと。これほどのイベントだったのに大関とは。。。

それだけ市場に与えた影響は小さいということか?

もう一つの大関は「サスティナブル商品」です。環境に配慮した商品やサービスは以前からありましたが、アメリカの大統領が代わってから急に世の中の“潮流”になった印象。

このまま続けばいいですが…。

     *     *     *

▼次は個人的に注目した記事です。今回は「吉本芸人のオンライントレーニング講座」についてです。

企業の福利厚生を請け負うベネフィット・ワンが吉本興業と連携して、会員企業向けに芸人によるオンライントレーニングサービスを提供します。

講座中は視聴者がチャット機能で質問もできるそうです。

トレーニングジムについては、クライアントの新規事業で手がけておりますが、このジャンルで一番の課題は継続です。

モチベーションが下がった時、どうフォローするかがそのジムの経営基盤になります。

24時間ジムが増えていますが、単純に運営コストを下げているだけで根本的な課題解決にはなりません。調査では、むしろベビーユーザーだけが入り浸り、新規会員や初心者には馴染まないとも言われています。

その点、芸人さんが指導してくれるので、飽きにくく面白そうです。

     *     *     *

▼最後は、新規ビジネスの3分プレゼンです。今回のネタは「冷凍食品」についてです。

ローソンが2025年度までに冷凍食品の売上を20年度の5倍に引き上げる目標を出しました。

今の冷凍食品は、以前のお弁当のおかずというイメージではなく、夕食のメインにできる食品が増えています。付け足しの一品ではなくなりました。

そんな進化する冷凍食品を使って、新しいデリバリーサービスを考えてみました。

速くて、安くて、しかも食べ頃で届けてくれる。こんな新規事業です。

では、続きは動画でお楽しみください。

関連記事

  1. 「配信ライブ」と「舞台裏」で稼ぐ ライブビジネス新たな収益源づくり|第…

  2. マック50周年特集「これが未来予想図 100年マック」|第29回今朝の…

  3. 強くあれリアル店舗「体験価値が店の生命線」|第81回今朝の日経MJで新…

  4. 「企業目線では伝わらない」を自覚せよ(Z世代を意識した取組み)|第30…

  5. #07 記事と珈琲とこぼれ話|stand.fm

  6. アパレル特有の課題を解決 服のECに黒衣のコーデ|第27回今朝の日経M…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Podcast<放送中!>

新刊「大丈夫、策はある」(ごま書房新社)

企画参謀の相談室