楽天流西友生鮮EC深堀り〜リアル店舗とネット融合 新段階〜|第121回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2022年04月06日

▼楽天流西友生鮮EC深堀り〜リアル店舗とネット融合 新段階〜|第121回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2022年04月06日

【本日のINDEX】

【1】今朝一面記事|楽天流西友生鮮EC深堀り〜リアル店舗とネット融合 新段階〜
【2】注目した記事|なぜ? 名古屋中心部に生鮮専門店が続々出店しているのか?
【3】新規ビジネス|お金になるデータ分析と活用方法〜料理レシピは購入動機の宝庫?〜

<今回の新規ビジネスの視点>

クックパッドの食のデータベースを「たべみる」によると、「時短」「簡単」の検索頻度が2018〜2019年を境に右肩下がりだそうです。

このデータにより「時短料理」人気に陰りという見出しで記事が紹介されています。

しかし、本当にそうだろうか?

もし、このデータを基に販促やキャンペーンを打ったとしたら、間違いなく失敗するでしょう。

イオンのショッピングモールをはじめ、コンビニでも地域別の店舗作りを取り組んでいるおり、日本全体のデータはビジネス的にはほぼ意味をなさないと考えます。

そのため、データ分析や活用方法は「地域別」で調査が欠かせず、せめて「都心部」と「地方」で分けるべき。

今回の新規ビジネスはこの点をプレゼンいたしました。

ぜひ、動画をご覧ください。

関連記事

  1. 第三回 今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2021年6月28日…

  2. P0Sレジ、稼ぐ力を増強 コンサル力で小売業界を開拓|第102回今朝の…

  3. #01 記事と珈琲とこぼれ話|stand.fm|ライブ配信

  4. 「ニトリ、VR上で回遊」「カインズ、店内案内ロボ」|第22回今朝の日経…

  5. 「業務スーパー」低コスト店追求、今期1000店へ|第137回今朝の日経…

  6. 「“影”で儲ける仕組み」特集 0101、send on.com、アッシ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Podcast<放送中!>

新刊「大丈夫、策はある」(ごま書房新社)

企画参謀の相談室