マツキヨ、スギ、ウエルシア「尖るPBの開発に力入れる」|第138回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2022年05月16日

「PBのビジネスモデルのステージが変わった」

▼マツキヨ、スギ、ウエルシア「尖るPBの開発に力入れる」|第138回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2022年05月16日

【本日のINDEX】

【1】今朝一面記事|マツキヨ、スギ、ウエルシア「尖るPBの開発に力入れる」
【2】注目した記事|球場で食べれる飲食メニューを自宅で!だったら、これもどう?
【3】新規ビジネス|タクシーが客待ちしている時間もビジネスにする!

<今回の新規ビジネスの視点>

コロナ禍で夜間外出が減ったことなど、タクシー需要は落ち込んでいます。直近の営業収入は19年の6〜7割程度の水準、さらにガソリン価格高騰で厳しい環境が続いています。

そんな中、「配車アプリ」による利用が増えており、「流し営業」をしなくてもお客が獲得できるためガソリン消費を減らし、効率的に営業ができるため、大きなメリットになります。

そこで、「配車アプリ」からの通知待ちをしている時間も有効に活用するサービスを考えました。

待つ場所としてもメリットが大きいです。

ぜひ、動画をご覧ください。

関連記事

  1. 新生活様式から読み解く仕掛けるビジネスの潮流|#37 アイデアの破壊力…

  2. #07 記事と珈琲とこぼれ話|stand.fm

  3. ソフトバンク非接触スタジアム 顔パス観戦で先制点|第48回今朝の日経M…

  4. 下町タワマンは地元民の住み替え〜東京東部、湾岸に次ぐ開発ブーム〜|第1…

  5. 「残ったモノ、消えたモノ」新型コロナから2年、消費行動が大きく変化|第…

  6. トレンドマップ2021下半期 消費の主役は「オタク」#推しのいる生活|…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Podcast<放送中!>

新刊「大丈夫、策はある」(ごま書房新社)

企画参謀の相談室