サムスン、日本市場で巻き返し!iPhoneの2つの岩盤に挑む「3つの戦略でZ世代をつかめ」|第279回日経MJで新規ビジネス考えてみた|2023年04月18日

「10代女性の84.1%がiPhone」

▼サムスン、日本市場で巻き返し!iPhoneの2つの岩盤に挑む「3つの戦略でZ世代をつかめ」|第279回日経MJで新規ビジネス考えてみた|2023年04月18日

【本日のINDEX】

【1】今朝一面記事|サムスン、日本市場で巻き返し!iPhoneの2つの岩盤に挑む「3つの戦略でZ世代をつかめ」

【2】注目した記事|数字でみる日本ハム新球場「エスコンフィールドHOKKAIDO」

【3】新規ビジネス|家庭でできる「しょうゆ・アレンジ」~市販のしょうゆを入れるだけ!~

<今回の新規ビジネスの視点>

カレー粉を国産で初めて開発したエスビー食品が創業100年を迎えました。

今回は「トップに聞く」というコーナーで社長の池村氏のインタビューです。興味深い点を中心にご紹介します。

・世界的にカツカレーが人気。しかしロンドンはカツではなくチキンカレー。現地の方に支持されているそうです。

・外食に人気に火がついた時、3年後に家庭向け食品がヒットする。早すぎても売れない。

・コロナ禍当初は即食性の高いレトルト食品が売れたが、その後は手作りにシフトし、趣味性が高い調味料が売れた。

・単純な節約ではなく、余った食材を使い切る料理や無駄にしないという賢い消費トレンドが起きている

・アメリカでは今、「UMAMIトッピング(おかずラー油)」が人気

食品の売れ行きは日常を反映していますね、とても興味深いです。

特に外食でブームだった食材は3年後家庭で流行るは、調味料会社ならではの情報です。

さて、今回は調味料についてアイデアを出してみました。

日頃から料理をしていますので、こんな調味料があったら料理の幅が広がります。

安い醤油も高級品になるかも!?

続きは、ぜひ動画をご覧ください。新規ビジネスは3分でプレゼンしております!

関連記事

  1. セブンパーク天美、相手はUSJだ!エンタメ満載「商圏は全国」|第104…

  2. 窮地からの飛躍!外食ビジネス最前線 おひとり様、米国外食ビジネスなど|…

  3. モスバーガー50歳「老い」振り払う FC減る一方回復へ手を打つ|第11…

  4. 中川政七商店、工芸「産地ごと」支援「個別コンサルと教育講座」|第349…

  5. 保育留学、1週間から「広がる教育移住」受験か自然か、不安映す|第202…

  6. 中古車サブスク 契約倍増のサービスも「車は道具」割り切る若者|第206…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

YouTube Live<OnAir>

Podcast<OnAir!>

新刊「大丈夫、策はある」(ごま書房新社)