海外旅行、回復へ一歩「前年比4倍、19年比で2割」「夏休みに行く」GWの4倍|第283回日経MJで新規ビジネス考えてみた|2023年04月30日

「ハワイ路線は18年比9割水準」

▼海外旅行、回復へ一歩「前年比4倍、19年比で2割」「夏休みに行く」GWの4倍|第283回日経MJで新規ビジネス考えてみた|2023年04月30日

【本日のINDEX】

【1】今朝一面記事|海外旅行、回復へ一歩「前年比4倍、19年比で2割」「夏休みに行く」GWの4倍

【2】注目した記事|<シン・ヒットの法則>ニーズ創出、手を変え品を変え「変換術」

【3】新規ビジネス|回収BOXを家庭内常駐作戦!「ブランド箱」はおしゃれなインテリア

<今回の新規ビジネスの視点>

アパレル業界は石油の次ぐ世界2位の「環境汚染産業」(国連報告)

衣類を大量に生産し、大量に廃棄するビジネスモデルが見直されつつあります。

アパレル企業の余剰在庫を販売できるサイト「スマセル」では、売れ残った新品衣料を定価より50〜90%OFFで販売しています。また、販売により削減された二酸化炭素量もホームページには載せております。

最近では、個人から古着を回収して販売する仕組みも作りました。アパレル店に回収箱を置き、来店客から古着を回収します。22年では3万8千点の回収量があったそうです。

そこで、より回収量を増やすアイデアを考えてみました。

ポイントは家庭内です。

続きは、ぜひ動画をご覧ください。新規ビジネスは3分でプレゼンしております!

関連記事

  1. ゴールドウィン、公園を造る「ザ・ノース・フェイスの次」育成 業績好調だ…

  2. 特許が映す「未来の小売り」210カ国・地域3.8万件分析「血圧・視線で…

  3. 初の減収 コロナ直撃(20年度コンビニ調査)|第25回今朝の日経MJで…

  4. LGBTQの悩みに寄り添うサービス〜虹色の橋 衣職住に架ける〜|第12…

  5. 八代目儀兵衛、セブンも頼る「神の舌」試食は年1000回「食糧」から「食…

  6. 収駅づくり新路線 鉄道各社は駅の多機能化を進める|第67回今朝の日経M…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

YouTube Live<OnAir>

Podcast<OnAir!>

新刊「大丈夫、策はある」(ごま書房新社)