北海道中心の「サツドラ」人口減でも勝てる店づくり「地域ポイントは町民の9割」|第291回日経MJで新規ビジネス考えてみた|2023年05月22日

「人口5000人以下になると存続難易度が高くなる」

▼北海道中心の「サツドラ」人口減でも勝てる店づくり「地域ポイントは町民の9割」|第291回日経MJで新規ビジネス考えてみた|2023年05月22日

【本日のINDEX】

【1】今朝一面記事|北海道中心の「サツドラ」人口減でも勝てる店づくり「地域ポイントは町民の9割」

【2】注目した記事|キダルト向けの商品展開に力をいれるタカラトミー

【3】新規ビジネス|地域の情報を把握しているからこその強みを活かす!

<今回の新規ビジネスの視点>

本日の一つ目の記事でご紹介したサツドラの社長の言葉。

「店舗は物を売るだけの場所ではない。顧客との接点やデータが集まり、サービスを売っていける場所」

「何かトライをしていくときには過疎地で成立するためにどうするかという視点でやっている」

移動手段の提供、人材育成の教室、メディカルプラットフォーム、スタートアップ支援など。

人口減に悩む地域に出店している企業ならではの事業展開です。

しかし、業界トップ企業が地方出身が多い理由がここにあります。危機感があるからこそ知恵を絞り、顧客様が満足できる商品・サービスを考える。

その発想力とノウハウがあるからこそ、都市部で勝負しても勝てるのだと想像できます。

今回は、サツドラのように地方で地盤を固めている企業だからこそのビジネスを考えました。

ポイントは「働き先」です。

続きは、ぜひ動画をご覧ください。新規ビジネスは3分でプレゼンしております!

関連記事

  1. 紋別のキセキ「紋別タッチ」飛行機ファン(修行僧・マイラー)のアイデア実…

  2. メニュー工夫し、客離れ防ぐ/飲食業7割値上げ 21年度調査|第153回…

  3. 第11回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2021年7月16日…

  4. ローソン「マチの宅配ステーション」生鮮品10分、出来立ての味お届け|第…

  5. 百貨店アート市場で顧客創る「池袋西武は売上3倍」国内アート市場で約4分…

  6. 美味しい発想!コロナ禍の胃袋戦略特集|#23 今朝のアイデアの破壊力ラ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

YouTube Live<OnAir>

Podcast<OnAir!>

新刊「大丈夫、策はある」(ごま書房新社)