業績を左右する?「社内報」エンゲージメント向上策第2位!こんな社内報は「要注意」|第290回日経MJで新規ビジネス考えてみた|2023年05月19日

「6割実施『社内報など社内向け情報の公開』」

▼業績を左右する?「社内報」エンゲージメント向上策第2位!こんな社内報は「要注意」|第290回日経MJで新規ビジネス考えてみた|2023年05月19日

【本日のINDEX】

【1】今朝一面記事|業績を左右する?「社内報」エンゲージメント向上策第2位!こんな社内報は「要注意」

【2】注目した記事|まじか!? 空気中の水分から飲料水、生成能力1日5〜15リットル

【3】新規ビジネス|社内報は企画部が作るべき理由をお話しします

<今回の新規ビジネスの視点>

こんな社内報は「要注意」

(1)全方位向けは失敗することも。目的とターゲットを明確に

(2)情報にアクセスしにくい。

(3)お金をかければいいわけじゃない

個人的に外注するのだけはNG。

社内のスタッフが自分たちの足で取材をして、手作り感があっても心を込めて作る。

読者であり、取材対象となるスタッフたちは、寄り添ってもらえることが嬉しいのであり、エンゲージメントが向上するきっかけになります。

では、社内報を作るスタッフはどの部署がいいでしょうか?

これに関しては一択です。この部署が一番適任です。

続きは、ぜひ動画をご覧ください。新規ビジネスは3分でプレゼンしております!

関連記事

  1. Z世代のニーズ掘り起こし「上の世代へ波及を期待」|第114回今朝の日経…

  2. 世界のアニメ産業の構図が変わる?配信発アニメ 第3勢力へ|第84回今朝…

  3. メルカリ、バイセル、オークファン「中古品売買、サービスで競う」|第58…

  4. 揺らぐジャニーズ経済圏!ファンクラブ1100万人、興行トップ10に6グ…

  5. サスティアアパレル、新たな競争軸へ日本の繊維 復権の糸口に|第98回今…

  6. 賃上げ、ユニクロショック!「日本、あまりに低すぎる」業界問わず影響必至…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

YouTube Live<OnAir>

Podcast<OnAir!>

新刊「大丈夫、策はある」(ごま書房新社)