値付け対決!AI vs 店員 適正価格はどちらが適任?「正解へ近づく好循環に」|第297回日経MJで新規ビジネス考えてみた|2023年06月08日

「作業時間5割減、在庫3割減」

▼値付け対決!AI vs 店員 適正価格はどちらが適任?「正解へ近づく好循環に」|第297回日経MJで新規ビジネス考えてみた|2023年06月08日

【本日のINDEX】

【1】今朝一面記事|値付け対決!AIVvs店員 適正価格はどちらが適任?「正解へ近づく好循環に」

【2】注目した記事|生成AIとの共創で中小企業に光! 異業種コラボが事業を生む

【3】新規ビジネス|次世代型動くコインロッカー ~一等地は常にアクティブに!~

<今回の新規ビジネスの視点>

鉄道各社はコロナ禍で定着したテレワークにより旅客収入はコロナ前比で8〜9割しか戻らないと想定しています。

そのため、物流配送サービスに力を入れています。もともと鉄道輸送はトラック配送に比べてCO2排出量が85%減のため、環境にもやさしい。

JR東日本は23年7月に物流サービスの子会社を設立し、荷物配送に対応した専用ロッカーを3年間で1000台(3万室)を導入する方針。

荷物を預け入れするだけでなく、ECで購入した商品の受け取りやクリーニングに出した衣類の受け取りなど、多様な使い方を想定している。

冷蔵機能を設けて地方で採れた生鮮品を新幹線で運びロッカーで受け取ったり、駅ナカの店舗の商品を営業時間外で受け取れるサービスも可能になる。

個人的にも駅の立地を最大限活用すると「ロッカー」は最適なサービスが創れると考えています。

そこで、次世代型のコインロッカーを考えてみました。

ポイントは「動く」

続きは、ぜひ動画をご覧ください。新規ビジネスは3分でプレゼンしております!

関連記事

  1. ワークマン、カジュアル路線へ!その背景と戦略は?|第324回日経MJで…

  2. 新海誠監督に「すずめの戸締り」を聞く 企業タイアップも呼び込む|第21…

  3. タニタ、丸の内食堂を刷新!健康支援の「実験場」タニタ製冷食の自販機も設…

  4. 2022年テレビCM TOP10「1位マクドナルド」売上に貢献しそうな…

  5. スタイラー?市場も伸ばす「韓国LGゼロから開拓」消費者の声を次々形に|…

  6. 小売業 新たな時代へ進化 西友、セブンイレブン、CCC 〜第32回流通…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

YouTube Live<OnAir>

Podcast<OnAir!>

新刊「大丈夫、策はある」(ごま書房新社)