秋葉原「ジャンク品」流通増!ネットで情報入手が背景「スマホ・PC部品を買う中高生」|第303回日経MJで新規ビジネス考えてみた|2023年06月27日

「ジャンク品に小中学生が興味をもった理由」

▼秋葉原「ジャンク品」流通増!ネットで情報入手が背景「スマホ・PC部品を買う中高生」|第303回日経MJで新規ビジネス考えてみた|2023年06月27日

【本日のINDEX】

【1】今朝一面記事|秋葉原「ジャンク品」流通増!ネットで情報入手が背景「スマホ・PC部品を買う中高生」

【2】注目した記事|コクヨ「新事業創出プログラム」から生まれた新商品「ほろもに」

【3】新規ビジネス|再現性が高い農業モデルだからこそ「オーダーメイド有農パッケージ」

<今回の新規ビジネスの視点>

個人的に推し活したくなる企業を見つけました。

同じ名古屋の企業ですが、トクイテンというスタートアップ企業です。

「環境制御型」の栽培施設でミニトマトを有機栽培する企業ですが、単なる農業法人ではありません。

有機栽培の弱点である手間がかかる作業を自動化するロボットも自社開発しています。

しかし、環境制御型施設でロボットを使うと想像すると最終目標は「全自動化」に思えますが、違います。

「有機栽培で作物を育てて安定的に利益を出す」ことが目的のため、人の手も使いながら再現性の高い農業モデルを構築するために環境を制御し、ロボットも使うのです。

いろいろな環境制御型施設を開発している企業を聞いてきましたが、このようなアプローチの仕方は初めてです。

まさに推し活したい企業です。

そこで、今回はトクイテンが24年から進める予定のビジネスモデルのパッケージ販売について、一つ考えてみました。お役に立てば幸いです。

ポイントは「オーダーメイド」です。

続きは、ぜひ動画をご覧ください。新規ビジネスは3分でプレゼンしております!

関連記事

  1. アデランス、20代から顧客増量!眉毛サロンを入り口に「シニアまで接点長…

  2. サムスン、日本市場で巻き返し!iPhoneの2つの岩盤に挑む「3つの戦…

  3. 資生堂、世界へ背水の陣「事業整理を経て新体制」高級路線でロレアル追う|…

  4. 変革期の「とらのあな」通販に集中、同人誌作家の応援の力|第183回今朝…

  5. マツキヨココカラ始動「新たな仲間 まだ求む」|第43回今朝の日経MJで…

  6. 世界遺産・屋久島 EV天国へ「再生エネ自給率ほぼ100%」普通充電も急…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

YouTube Live<OnAir>

Podcast<OnAir!>

新刊「大丈夫、策はある」(ごま書房新社)