「見せる防災」で備える“一等地”に置いて存在を刷り込み|第321回日経MJで新規ビジネス考えてみた|2023年09月12日

「再エネ事業の拡大に不可欠な地域との連携を深める目的」

東急不動産は再生可能エネルギーの発電用地で作物栽培に注力しています。

発電と農業を同時に行う「ソーラーシェアリング」。

発電した電力はオフィスビルへ供給し、敷地内で収穫できた作物はグループ会社が運営するリゾートホテルに提供。

なぜ、一般的な発電より発電量が半分程度になるソーラーシェアリングに注力するのか?

近年、太陽光発電や風力発電は自然破壊や景観を損ねる理由で地元住民が反対するケースが少なくなく、今後の事業拡大には地域貢献が必要。そのため、農業も同時に行いながら地域に理解を得ていくためだとか。

確かにソーラーパネルの設置でトラブルになっている報道を目にします。

山肌を削ってまで設置する必要があるのか、今一度考えてほしいです。

さて、今回の「ソーラーシェアリング」というモデルを活用して「若者に農業の魅力を知ってほしい」事業モデルを考えてみました。

収益の安定は事業として重要です。

続きは、ぜひ動画をご覧ください。新規ビジネスは3分でプレゼンしております!

     *     *     *     *

YouTubeで生配信しました!

「防災備品の保管場所知らない60.3%」

第321回日経MJで新規ビジネス考えてみた|2023年09月12日

▼「見せる防災」で備える“一等地”に置いて存在を刷り込み

<本日のINDEX>

【1】今朝一面記事|「見せる防災」で備える“一等地”に置いて存在を刷り込み

【2】注目した記事|中国では「災害の備えは国が」認識が強い

【3】新規ビジネス|若者に農業の魅力を知ってもらう複合型農業モデル

関連記事

  1. 「街の酒屋」若者の勝算「安酒では生き残れぬ」日本酒の輸出額は急増中!|…

  2. 4℃「もうギフトに頼らない」ネガティブ投稿に危機感「女性客の売上が男性…

  3. 百貨店アート市場で顧客創る「池袋西武は売上3倍」国内アート市場で約4分…

  4. #02 記事と珈琲とこぼれ話|stand.fm|ライブ配信

  5. シェアで開業!素早く夢を実現 シェアエコノミー30年に14兆円|第10…

  6. 「安売り一択」を脱ぎ捨てる四社 スーツ仕立て直す道は2つ|第108回今…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

YouTube Live<OnAir>

Podcast<OnAir!>

新刊「大丈夫、策はある」(ごま書房新社)