アイデアの破壊力に
ゾクゾクする毎日を

社員がアイデアを出す企業が最強!|企画参謀

社長の野心×アイデア発想=
突破力のある企業になれる

社長のビジョンをアイデアで具現化していけば閉塞感漂う市場でも抜け出すことができます。理論や理屈ではなく、具体的な策を提案できる自信がウィッテムの強みの一つです。


企画参謀:私に考えさせて欲しい!

私は「起業家」として、新規事業の立ち上げ・収益化を実業としていますが、「企画参謀」として経営者を対象に新規事業の企画提案も行っています。しかし、多くの経営者の相談を受けて社員の「提案力向上」の要望が多いため、社員向け「アイデア発想力トレーニング研修」を開発しました。上場企業やグローバル企業など研修実績があり、手前味噌ですが、満足度も高いのですが、予算が少ない中小企業向けには、「通信教育版」も開発いたしました。社員が自ら運営できるプログラムで自主性も育ち、発想力だけでなく、社員間のコミュニケーションが活発になるため、会社が活性化すると評判です。

【概要】毎週1回、経営者とFace to Faceでミーティングをして、経営者の思いや構想を具体化し、事業化していきます。新規事業から新商品開発、通販やネットショップの立ち上げなど、新たな収益を構築します。

【はじめた理由】サラリーマン時代から含めて企画業に携わり20年以上、良くも悪くもビジネスの末端で企画を考え、実践してきました。企画を考えることが好きで、人を喜ばす企画が思いつくと心底ワクワクします。「実践しない企画は無駄」と言われますが、それでも昨日も今日も明日も思いついてしまうからやめられません。本当に考えるって楽しいから!自分が考えたサービスが後世まで残り多くの人を幸せにしたら、これほどゾクゾクする仕事はありません。

「企画参謀」でのご相談方法は以下の方法で

(1)定期的にお会いします

(2)必要に応じてチャット(messenger)で随時相談

(3)時間がない時にzoomで対応し、全力で御社の飛躍に貢献してまいります。

【料金】月額30万円(税別・交通費及び宿泊費別途)※企画マンを一人雇うことを考えたらかなり安い
【契約期間】6ヵ月更新
【顧客企業の声】販促企画から事業企画まで幅広く相談できて、優秀な企画マンを雇い入れることができない中小企業にとって心強いパートナーです。<製造販売系企業>

自社の強み

創業時から自社事業を運営しているため、アドバイスが具体的で無駄がない点が強み。聞きかじった情報を右から左へ話すコンサルタントと違い、企画マンとしての実効性の高い企画力と実現性が高いビジネス構築力が同業他社との違い。ネットSHOPの相談はWeb会社や広告会社ではなく、ネットSHOP運営者に聞くべし。経営の相談はコンサルタントではなく、経営者に聞くべし。

ウィッテムの活用事例集

社長の影武者(企画参謀)
新規事業案の相談&提案
通販事業部の創設&運営
アイデア発想力トレーニングの
出張セミナー講師

自主運営できる企画力UPの
法人向け通信教育
苦情を起点に社員から
アイデアを引き出す発想力講座
企画部の創設&育成
企画会議へのアドバイザー参加
広告・販促の具体的なアドバイス

企画参謀:小島章裕プロフィール

社会人1年目から通販会社の苦情係として1日200件以上の苦情対応を経験。その後転職し、広告会社に入社、企画部へ。ひたすら企画書を作成し、プレゼン(コンペ)、新規顧客の獲得の日々を3年続ける。この時、「企画料」は値引き対象になることに疑問を抱き、「企画専業」会社で起業する。創業(2001年)から一貫して「企画で飯を食う」「手数料・マージン商売はしない」「自社にしかできない仕事しか受けない」をポリシーに新しい価値を生み出す企業として現在に至る。新サービス・新規事業を企画立案し、立ち上げ、販促(集客)、収益化を得意とする。2003年から1日1企画のメルマガ 「企画生ノート」を平日日刊で続け、現在3700号を突破。30業種以上の企業と新規事業、新商品開発、販売促進などの企画立案に携わり、自らも新規事業を立ち上げ、成功も失敗も繰り返した経験を持つ。上場企業から中小企業、経済団体など講演・セミナー回数も500回を超え、ワークショップ中心の飽きさせないセミナーには定評がある。

~コロナ禍時代の新ビジネス・アイデア55~
【発売:2020年9月26日】な一節をしばしば見つけたからです。
コロナ禍ピンチをビジネスチャンスに変える! お金がないことも、お客が来ないことも不安だが、次の一手がないことが一番不安だ。あの手この手を考えて、打てる手はすべて打つ! 最前線で商売をしている人たちに伝えたい「生き抜くためのアイデア55」

著書・連載
・新刊「大丈夫、策はある」(ごま書房新社)~コロナ禍時代の新ビジネス・アイデア55~【発売:2020年9月26日】
・「儲けのヒントはこの本から盗みなさい」(中経出版)2ヶ国語翻訳出版
・(社)日本販売士協会「明日から使える!? 商売繁盛のヒント」(2015.11〜現在)


あなたの会社を飛躍させる相談役が「企画参謀」。その「企画参謀」を担う人物が、以下紹介する小島章裕(有限会社ウィッテム代表取締役)

「1日200件のクレーム対応をしていた元苦情係」…柔軟性
×
「日刊企画メルマガを15年書き続ける企画マン」
…発想力
×
「通販事業を10年以上安定成長させる経営者」
…堅実性

かつてはチャリダーとして全国を野宿して周る

YouTubeチャンネル「儲ける脳トレ」

新刊「大丈夫、策はある」(ごま書房新社)

企画参謀の相談室