アイデアの破壊力に、ゾクゾクする毎日を。

「事業創造」で企業を強くする会社

メール相談
リアル面談
WEB面談
アイデア
YouTube

ブロックチェーン技術NFTで「資産」倍々ゲーム|第23回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2021年8月13日

<本日の前説|YouTube>

おはようございます。本日も朝8時から生配信いたしました。

早速、今朝の日経MJのトップ記事をご紹介します。

トップ記事は「ブロックチェーン技術NFTで「資産」倍々ゲーム」についてです。ブロックチェーン技術をを使うことでデジタルコンテンツに希少性を持たせる「非代替性トークン(NFT)」に注目が集まっています。アート作品にとどまらず、ゲーム分野でもNFTのアイテムが売買されているそうです。

個人的にブロックチェーンもゲームも疎い分野ですが、何かすごいことが進行しているという感じは受けます。

ただ記事の中で課題も取り上げられています。NFTを購入することで著作権と同等の権利を買ったことにはならないそうです。つまり購入したキャラクターでマグカップやグッズを作成することはできないそうです。気をつけないといけないですね。

個人的に注目した記事を2つご紹介します。

一つは、「ZOZOスーツ2」についてです。初代のZOZOスーツはいろいろ話題になりましたが、個人的には斬新な取り組みでとても注目していました。今回の「ZOZOスーツ2」は計測部を増やすことで精度を高め、衣類品選びのほか、健康や医療など幅広い分野への活用を見込んでいるそうです。

記事の中では、プロバスケットボールチームと千葉大学と共同でスポーツ分野での活用について紹介されていました。

注目した二つ目の記事は、新宿の「3Dデジタル猫」についてです。残念ながらコロナ禍で東京へは行けていないので、生で拝見したことはありませんが、映像だけもインパクトありますよね。こういう技術はどんどん普及すればコストも下がり、私たちの手の届くところまで来たら日常生活も一変しそうです。

きっとショッピングセンターの販促の仕方も激変して関連事業も盛り上がるでしょうね。楽しみです。

最後は、新規ビジネスについてです。

今回はコロナ禍で飲食店向けのPOSが刷新されたという記事がネタです。今やレジもiPadなどのタブレット端末でできる時代になり、なおかつ無料で使えるアプリもあります。飲食店にとっても初期投資額が減り、助かります。

そんなPOSについて、こんなサービスがあるとより集客やサービス向上に役立つのではないかというアイデアを5分でプレゼンしております。

ぜひぜひ、ご覧ください。

小島章裕

小島章裕

社会人1年目から通販会社の苦情係として1日200件以上の苦情対応を経験。その後転職し、広告会社に入社、企画部へ。ひたすら企画書を作成し、プレゼン(コンペ)、新規顧客の獲得の日々を3年続ける。この時、「企画料」は値引き対象になることに疑問を抱き、「企画専業」会社で起業する。創業(2001年)から一貫して「企画で飯を食う」「手数料・マージン商売はしない」「自社にしかできない仕事しか受けない」をポリシーに新しい価値を生み出す企業として現在に至る。新サービス・新規事業を企画立案し、立ち上げ、販促(集客)、収益化を得意とする。2003年から1日1企画のメルマガ 「企画生ノート」を平日日刊で続け、現在も継続中。20業種以上の企業と新規事業、新商品開発、販売促進などの企画立案に携わり、自らも新規事業を立ち上げ、成功も失敗も繰り返した経験を持つ。上場企業から中小企業、経済団体など講演・セミナー回数も500回を超え、ワークショップ中心の飽きさせないセミナーには定評がある。

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

PAGE TOP