アイデアの破壊力に、ゾクゾクする毎日を。

「事業創造」で企業を強くする会社

メール相談
リアル面談
WEB面談
アイデア
YouTube

「買い物SNS」ROOM伸びる(楽天お客を#り寄せ)|第26回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2021年8月20日

<本日の前説|YouTube>

おはようございます。きょうも朝8時からYouTubeで生配信をいたしました。きょうで第26回目です。

早速、今朝の日経MJの一面をご紹介いたします。

楽天市場の「ROOM」が利用者を増えているという話題です。「ROOM」は楽天市場の商品を収集してまとめる「キュレーション」サービスとして2014年に始まりました。商品ページの「ROOMに投稿」ボタンを押すだけで、自分の専用ページ「マイルーム」を紹介することができます。

このサービスが新型コロナウイルス下でユーザー数を急増しています。楽天市場によると「最近の消費者はわざわざ検索するのではなく、偶発的に欲しいモノに出会いたいという需要がある」と話しています。

わかるわぁ、今すぐ欲しい物がないのにAmazonのサイトを見ながら“買いたいもの”を探しているから、不思議。

続いて、個人的に注目した記事を二つご紹介します。

一つは、オンライン会へ食事セットを届けるサービスについて。ケータイリングサービスを提供している企業が企業の懇親会や内定式のオンライン会向けに食事を届けています。サービスのポイントは、企業の担当者の手間を減らしたこと。担当者が食事セットを注文すると、参加者へ注文フォームURLを送り、共有することで参加者自身が受け取り手続きができ、配送も業者がやってくれるそうです。

担当者や幹事の手間が少ない点と頼みやすくなりますよね。

もう一つは、宝酒造が紙パック調味料を発売したこと。この記事に注目したのは、スーパーなどの売り場で紙パックの威力を発揮すると考えたからです。ビンの調味料の場合、商品棚から手にとって返した時、商品ラベルが裏向きになる可能性があり、裏を向くと来店客の目に止まらなくなり、訴求力が低下します。

しかし、四角柱の紙パックなら商品がくるっと表裏が回転することが少なく、また面で訴求できるので、宣伝効果が高いと想像できます。これって、些細なことですが、売上に直結することです。

最後は、新規ビジネスを5分間でプレゼンするコーナー。

今回のネタになった記事は、1面の記事の中にありました。アマゾンが20年冬にアメリカで観光型ライブコマースを始めたという話題です。この観光型ライブコマースをネタに新規ビジネスを掘ってみました。

ぜひ、動画でご覧ください。

小島章裕

小島章裕

社会人1年目から通販会社の苦情係として1日200件以上の苦情対応を経験。その後転職し、広告会社に入社、企画部へ。ひたすら企画書を作成し、プレゼン(コンペ)、新規顧客の獲得の日々を3年続ける。この時、「企画料」は値引き対象になることに疑問を抱き、「企画専業」会社で起業する。創業(2001年)から一貫して「企画で飯を食う」「手数料・マージン商売はしない」「自社にしかできない仕事しか受けない」をポリシーに新しい価値を生み出す企業として現在に至る。新サービス・新規事業を企画立案し、立ち上げ、販促(集客)、収益化を得意とする。2003年から1日1企画のメルマガ 「企画生ノート」を平日日刊で続け、現在も継続中。20業種以上の企業と新規事業、新商品開発、販売促進などの企画立案に携わり、自らも新規事業を立ち上げ、成功も失敗も繰り返した経験を持つ。上場企業から中小企業、経済団体など講演・セミナー回数も500回を超え、ワークショップ中心の飽きさせないセミナーには定評がある。

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

PAGE TOP