アイデアの破壊力に、ゾクゾクする毎日を。

「事業創造」で企業を強くする会社

メール相談
リアル面談
WEB面談
アイデア
YouTube

アパレル特有の課題を解決 服のECに黒衣のコーデ|第27回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2021年8月23日

<本日の前説|YouTube>

おはようございます。今朝は、急用ができて朝3時に起きて会社に4時半に出社し、5時半に生配信をしました。午前中からバタバタしており、この原稿も隙間時間で書いております。

早速、今朝の日経MJの一面をご紹介いたします。

アパレル業界のECサイトへの取り組みを紹介した記事です。アパレル業界にはECサイトにおける特有の課題がありました。それは、「服のサイズがわかりづらい」「お店のように試着できない」「販売員のアドバイスが聞けない」など。

そこで、アパレルECを支えるさまざまなサービスが登場しました。一つは、店員がコーディネートして試着した画像をホームページにアップして、顧客がその画像を見て購入したら、投稿したスタッフの実績になるサービス。もう一つは、サイズ感がわかる機能です。年齢、性別、身長、体重などの情報を入力するとぴったりのサイズを教えてくれるサービス。

どちらのサービスもアパレルECの弱点を補うサービスで、今後の利用促進に期待したいです。

続いて、個人的に注目した記事を二つご紹介します。

一つは、掲載されると必ず読む神田氏の記事。今回は、「第二回子ども世界平和サミット」について。審査員として参加した神田氏がこのイベントで感じたことは、子供を子供と考えずに、早期にビジネスに参画する機会を提供すべきと。その機会は早ければはやいほどいいとも語っております。

もう一つは、ある印刷会社ネットの販促力を活かして、リフォーム事業のネット受注を順調に伸ばしているという記事。なぜ、印刷会社なのに? その理由は、各部門の担当者に役割と権限を与え、自分たちで問題を解決する環境を作ったこともあるそうです。

どの企業にも参考になる内容でした。

最後は、新規ビジネスの5分間プレゼンです。

今回のネタ元は、東急ハンズがホテルで東急ハンズの商品を試すことができるサービスです。東急ステイとハンズが提携して生まれたサービス。なかなか面白そうですよね! そこで閃いたサービスは、ホームセンターと空き家を活かした新規ビジネスです。

ぜひ、動画でご覧ください。

小島章裕

小島章裕

社会人1年目から通販会社の苦情係として1日200件以上の苦情対応を経験。その後転職し、広告会社に入社、企画部へ。ひたすら企画書を作成し、プレゼン(コンペ)、新規顧客の獲得の日々を3年続ける。この時、「企画料」は値引き対象になることに疑問を抱き、「企画専業」会社で起業する。創業(2001年)から一貫して「企画で飯を食う」「手数料・マージン商売はしない」「自社にしかできない仕事しか受けない」をポリシーに新しい価値を生み出す企業として現在に至る。新サービス・新規事業を企画立案し、立ち上げ、販促(集客)、収益化を得意とする。2003年から1日1企画のメルマガ 「企画生ノート」を平日日刊で続け、現在も継続中。20業種以上の企業と新規事業、新商品開発、販売促進などの企画立案に携わり、自らも新規事業を立ち上げ、成功も失敗も繰り返した経験を持つ。上場企業から中小企業、経済団体など講演・セミナー回数も500回を超え、ワークショップ中心の飽きさせないセミナーには定評がある。

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

PAGE TOP