アイデアの破壊力に、ゾクゾクする毎日を。

「事業創造」で企業を強くする会社

メール相談
リアル面談
WEB面談
アイデア
YouTube

「棚貸し」で日販5万円も コンビニ全国画一見直し|第73回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2021年12月10日

▼「棚貸し」で日販5万円も コンビニ全国画一見直し|第73回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2021年12月10日

【本日のINDEX】

01:34|1_一面記事|ローソン、相棒は地元青果店 北九州発モデル、400店に拡大「棚貸し」で日販5万円も
09:30|2_注目記事|ハンガーで客の関心度測る 触る・試着、センサーで検知
13:47|3_新規ビジネス|ロッカー型ジュース店をヒントに新規ビジネス

<本日の前説|YouTube>
▼今朝の日経MJの一面は、「ローソン」が舞台です。

ローソンの店頭で野菜や果物を販売するサービスについてですが、その仕組みが素晴らしいです。

地元の青果店と協力して、その日市場で仕入れた野菜や果物をローソンの店頭に並べて販売します。仕入れや品揃え、価格はすべて青果店が担い、買う時はローソンの他の商品と一緒に店内レジで買うことができます。

お互いの強みをフルに発揮したビジネスモデルで、お客も専門店である青果店の商品という安心感もあり、日販で8万円を売ったこともあるそうです。

この仕組みなら他の商品でも導入できますね。記事中では「精米したお米」も書かれていました。

ガチガチに管理されたビジネスだけでなく、昭和の時代にあった、少しアバウトでおまけがあるような商売に惹かれます。

     *     *     *

▼次は個人的に注目した記事です。今回は「ハンガー」に注目です。

ハンガーにセンサーを取り付けて、手に取った、試着室へ持っていったなど、データが取得できる仕組みの実証実験が始まったという記事です。

もし、手に取ったが買わなかった商品でも、その後、メールでECへ誘導したり、再来店を促す仕組みを検討しているようです。

ハンガーに注文した点はとてもユニークですが、現在、無人店舗のシステムで商品棚の商品を手に取っただけで識別できるので、今回の仕組みの実用化は難しいとみています。

さらにハンガーと商品の紐付け作業も店員負担を増やさないか心配。

しかし、ハンガーに着目した点を活用して、ハンガーに商品を掛けるとまるで自分が試着したようなデータが得られる仕組みはいかがでしょう。

動画で紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

     *     *     *

▼最後は、新規ビジネスの3分プレゼンです。今回のネタは「ロッカー型ジュース店」です。

原宿にオープンした「ロッカー型ジュース店」ですが、スマホで注文・決済ができ指定の時間にロッカーで商品が受け取れるサービスです。以前、コーヒーで同じタイプのサービスを紹介しました。

この仕組みを使って、新しいビジネスを考えてみました。

自宅近くで温かいお弁当が受け取るって、嬉しいですよね?

ぜひ、動画をご覧ください。

小島章裕

小島章裕

社会人1年目から通販会社の苦情係として1日200件以上の苦情対応を経験。その後転職し、広告会社に入社、企画部へ。ひたすら企画書を作成し、プレゼン(コンペ)、新規顧客の獲得の日々を3年続ける。この時、「企画料」は値引き対象になることに疑問を抱き、「企画専業」会社で起業する。創業(2001年)から一貫して「企画で飯を食う」「手数料・マージン商売はしない」「自社にしかできない仕事しか受けない」をポリシーに新しい価値を生み出す企業として現在に至る。新サービス・新規事業を企画立案し、立ち上げ、販促(集客)、収益化を得意とする。2003年から1日1企画のメルマガ 「企画生ノート」を平日日刊で続け、現在も継続中。20業種以上の企業と新規事業、新商品開発、販売促進などの企画立案に携わり、自らも新規事業を立ち上げ、成功も失敗も繰り返した経験を持つ。上場企業から中小企業、経済団体など講演・セミナー回数も500回を超え、ワークショップ中心の飽きさせないセミナーには定評がある。

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

PAGE TOP