ユニクロ「スタイルヒント」生活者が最先端|第36回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2021年9月13日

きょうは18時からYouTubeで生配信しました。

<本日の前説|YouTube>
こんばんわ、きょうは朝の生配信でネット接続のトラブルがあり、配信できませんでしたので18時から改めて配信しました。

(実は、配信が止まっていたことは終わってから気づきました。ほんとアホな奴・・・)

今朝の日経MJの一面は、「食材価格の上昇」です。

コロナ禍で苦境が続く飲食店業界ですが、今回の食材価格上昇でさらに影響が出そうな状況です。

大手外食チェーンの取り組みが記事で紹介されていますが、小規模店や個人店はより厳しいと状況だと予想されます。

ーーーーーーーーーーーーー
【本日のINDEX】

1.<一面記事>食材高 外食また一難
2.<注目記事>着こなしアプリ 世界つなぐ ユニクロ「スタイルヒント」
3.<新規ビジネス>フェンシング体験、スマホで手軽に

ーーーーーーーーーーーーー

ユニクロの「スタイルヒント」が世界に広がっている話題。

19年10月にユニクロとジーユーが国内で始めたサービスですが、アメリアやヨーロッパでも支持を集めており、近く中国でも始まるそうです。

サービスの内容は、一般の消費者がモデルとなって自身の着こなしを投稿し、利用者がお気に入りのモデルをフォローし、コーディネートを参考にするサービス。

ありがちなサイトではありますが、ECサイトに直結していたり、店舗でも専用の売場を設けるなど、ネットとリアル店舗が連動している点が王者ユニクロらしいです。

しかし、日本総合研究所の調査によると、全年齢を含め、15〜19歳、20〜24歳も「服を購入する際の情報収集手段」は「店で直接見る」そうで、全世代で80%前後占めています。

15〜19歳、20〜24歳の2位の「インスタグラム」の48%、43%と比べると圧倒的で、まだまだ店舗の重要性は変わらないようです。

最後は、新規ビジネスの5分プレゼンです。今回は、ユニークな商品というかサービスを活用した、新しいスポーツというか遊びをご紹介いたします。

では、ぜひぜひ、ご覧ください。

関連記事

  1. ビッグデータ分析でプラン提案「中華街から横浜歩きへ」|第319回日経M…

  2. 止まらないドラッグストアのスーパー化!大手各社のスーパー化戦略は?|第…

  3. コロナ禍&SDGsで注目されるフードテック特集|#27 今朝のアイデア…

  4. 白馬岳・御嶽山で贅沢ディナー「標高2800mグルメ頂上決戦」「泊まるだ…

  5. 「平成はとなりのレトロ」Z世代に広がる平成ファッション&コンテンツ|第…

  6. SHEIN、日本でも急伸!中国発ファッション通販「安カワイイ」女性心酔…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

YouTube Live<OnAir>

Podcast<OnAir!>

新刊「大丈夫、策はある」(ごま書房新社)