QUEEN今もロックユー 50周年新規ファンが止まらない|第66回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2021年11月24日

▼QUEEN今もロックユー 50周年新規ファンが止まらない|第66回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2021年11月24日

【本日のINDEX】
00:48|1_一面記事|QUEEN今もロックユー 50周年新規ファンが止まらない
07:10|2_注目記事|ビームスと大垣共立銀行で銭湯
11:42|3_新規ビジネス|「セカンド冷凍庫が人気」で閃いた家電量販店の“セカンドサービス?”

<本日の前説|YouTube>
今朝の日経MJの一面は、、、なんと「QUEEN」です。

今年で結成50周年を迎えた「QUEEN」の勢いが今も止まらない。

嗜好が多様化するなかでロングセラー商品を育てるのが難しいなか、「QUEEN」が永く愛される理由は? という記事です。

そのヒントは、新しい事業を生み出すオープンイノベーションです。変えない部分を守りつつ、時代に合わせて変化していくことを恐れない。

存在価値を明確にしている企業は軸は振らさず、それ以外は時代や状況に応じて柔軟に対応していく必要がありますね。

その存在価値が誰にでもわかりや企業はSNSの時代は強いです。

次は個人的に注目した記事です。今回は、銀行がスーパー銭湯を企画した記事です。

岐阜に拠点を置く大垣共立銀行がセレクトショップ運営のビームスと組んで、スーパー銭湯の企画作りを支援しました。

現在、銀行は規制緩和で業務分野を広げることが認められ、非金融の地域商社を別会社として設立できるようになった背景があります。

銀行がビジネスを企画・支援し、本業である金融部門での取引機会を広げる。

これが銀行の本来あるべき姿です。

お金を転がしてお金を作るでは、銀行以外の企業にメリットはありません。

最後は、新規ビジネスの3分プレゼンです。今回のネタもとは「セカンド冷凍庫」です。

コロナ禍でより存在感が増した冷凍食品。弁当のおかずや酒の肴だけでなく、夕食のメインを張れる商品まで登場しています。

その冷凍食品を保管しておく冷凍庫が人気です。家電量販店では冷凍庫の取り扱いを増やしていますが、単に人気があるから取り扱うというビジネスをしていてはお客をネットに奪われます。

そこで、小売店ならではのサービスを導入して「買うならあのお店」という選ばれるお店になるための新規サービスを考えてみました。

ぜひ、動画でご覧ください。

関連記事

  1. #04 記事と珈琲とこぼれ話|stand.fm|ライブ配信

  2. コラボ書店、賑わう秘訣「気軽に立ち寄れる」が売り|第320回日経MJで…

  3. 「ロゴが語る変革期」ウェブを意識、シンプルに|第124回今朝の日経MJ…

  4. 日清宣伝部「常勝CMの作り方」社長と毎週「御前会議」「旬ネタ、熱いうち…

  5. 「クリエーターエコノミー」稼ぎ方多様に 世界の市場規模14兆円|第17…

  6. パナソニックが進める量販店に「価格指定」家電の値崩れ、止まるか|第19…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

YouTube Live<OnAir>

Podcast<OnAir!>

新刊「大丈夫、策はある」(ごま書房新社)