「どこも同じ」捨てたイオンモール 地域に根差す次世代SC目指す|第103回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた(名古屋錦2丁目/長者町スタジオ)|2022年02月21日

▼「どこも同じ」捨てたイオンモール 地域に根差す次世代SC目指す|第103回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた(名古屋錦2丁目/長者町スタジオ)|2022年02月21日

【本日のINDEX】

【1】今朝一面記事|「どこも同じ」捨てたイオンモール 地域に根差す次世代SC目指す
【2】注目した記事|2022年2月22日「スーパー猫の日」大商い
【3】新規ビジネス|ショッピングモールならではのサービス「フレックスroom」

<本日のタイムテーブル|YouTube>

▼今朝の日経MJの一面は「次世代SC」についてです。

従来型のショッピングセンターがEC市場の拡大と新型コロナウイルス禍の影響で岐路に立っています。施設数は3年前から減少傾向が続いており、SC大手のイオングループも例外ではありません。

テナント構成比も「ファッション・ファッション雑貨」が「サービス・アミューズメント」に抜かれて逆転し、消費行動にも変化が見られます。

そんな中、イオンモールは地域に根差す「次世代SC」を打ち出しました。

・施設ごとに個性のあるテナントを誘致
・親会社のイオンは120自治体と防災などで包括連携
・スタートアップと協業するプログラムを開始

特にタイトルの通り「どこも同じ」SCからの脱却が一番の狙いでしょう。

詳細は、ぜひ動画をご覧ください。

     *     *     *

▼次は、個人的に注目した記事をご紹介します。今回は「猫の日」についてです。

2月22日は「猫の日」とご存知でしたでしょうか?

特に今年は2022年と800年ぶりの「2」が6つ入る年だそうです。

「だから何?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、2月のイベント事といえば、恵方巻きやバレンタインがありますが、こういうイベント事はそつなく乗っかる方がいいんです。

理由は、イベント外で宣伝するより格段に広告費が低く抑えられるからです。

販促で一番お金がかかるのが消費者に「こっちを向いてもらう事」です。特に、市場がない商品・サービスの場合、振り向いてもらうところからお金がかかり、お金を支払ってもらうまでには多大な投資が必要です。

そのため、皆が注目しているモノに便乗したらうまく興味が引きつけられます。

商売人としてのプライドやブランド価値もあるかもしれませんが、イメージを毀損しない程度に便乗することは戦略として大いにありです。

     *     *     *

▼今回の新規ビジネスの3分プレゼンのテーマは「フレックスroom」です。

ショッピングモールの空きテナントとして、個人的に有望な業種は学習塾と習い事です。

特に、子どもの習い事にはショッピングモールは最適です。

そのための仕組みやキラーサービスをご提案いたします。

ぜひ、3分のプレゼン動画をご覧ください!

関連記事

  1. 日本コカ・コーラ 飲料業界の巨人は SDGsの巨人へ|第20回 今朝に…

  2. PayPay崩すかポイント岩盤!スマホ決済王者の第2幕へ「迎え撃つ4陣…

  3. 外食復調組も雲晴れず 郊外・朝、都心・深夜で決算明暗|第129回今朝の…

  4. 淡路島、観光投資に沸く「関西のマヨルカ島」貸別荘5年で2倍|第173回…

  5. <異能マーケティング>ネオ・ナシ婚、口コミ1位・CRAY「招待状も入刀…

  6. 攻めたね〜!猫、デニム、スマホ、トイレ紙までユニーク商品特集|#29 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

YouTube Live<OnAir>

Podcast<OnAir!>

新刊「大丈夫、策はある」(ごま書房新社)