格安航空会社(LCC)「10年観光復活つかめ」航空大手との連携や差別化|第203回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2022年10月14日

「なぜ、FSCとLCCと連携するのか?」

▼格安航空会社(LCC)「10年観光復活つかめ」航空大手との連携や差別化|第203回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2022年10月14日

【本日のINDEX】

【1】今朝一面記事|格安航空会社(LCC)「10年観光復活つかめ」航空大手との連携や差別化
【2】注目した記事|(米国流通 現場を追う)体験と物販でジム市場を攻める
【3】新規ビジネス|“空”の無人店舗で競争激化のネットショップを取り込む!

<今回の新規ビジネスの視点>

NTT東日本が「無人店舗システム」の販売を本格化しています。

「無人店舗」といえば、人手不足の小売業にとって救世主的存在に思えますが、それ以外にもメリットはあります。

それは業務の効率化とマーケティング。

購入者情報、天気、気温など、さまざまなデータを組み合わせて需要予測をし、発注する量・タイミングでロスが防げます。

さらに、店舗内の来店客の動きを把握でき、動線や手に取った商品もわかります。

商品を開発したメーカーにとって売れたデータだけでなく、「なぜ、手に取ったのに買わなかったのか?」という今までわからなかった現場のデータも把握することが可能です。

今後「無人店舗」が普及していけばますます技術が向上し、体温で感情の起伏までわかるようになるかもしれませんね。

そこで、今回は「無人店舗」の新しい活用方法について考えてみました。

続きは、ぜひ動画をご覧ください。新規ビジネスは3分でプレゼンしております!

関連記事

  1. 五輪商戦 舞台は家ナカ|第13回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみ…

  2. 「乗る機会」が販促の起点 電気自動車、カーシェアが展示場|第113回今…

  3. モスバーガー50歳「老い」振り払う FC減る一方回復へ手を打つ|第11…

  4. トイレ広告が普及した理由?「個室内の壁は遊休資産」トイレ広告のメリット…

  5. 「安売り一択」を脱ぎ捨てる四社 スーツ仕立て直す道は2つ|第108回今…

  6. マツキヨ、スギ、ウエルシア「尖るPBの開発に力入れる」|第138回今朝…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

YouTube Live<OnAir>

Podcast<OnAir!>

新刊「大丈夫、策はある」(ごま書房新社)