イケア食堂、家具を売る 満腹・満足が「買う理由」日本法人、食充実で世界をリード|第208回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2022年10月26日

「フード事業は創業時の経験から」

▼イケア食堂、家具を売る 満腹・満足が「買う理由」日本法人、食充実で世界をリード|第208回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2022年10月26日

【本日のINDEX】

【1】今朝一面記事|イケア食堂、家具を売る 満腹・満足が「買う理由」日本法人、食充実で世界をリード
【2】注目した記事|20〜30代女性の生き方ヒント「おばあちゃん世代のインフルエンサー」
【3】新規ビジネス|AI・ITを駆使した自動栽培は地域を救う!? 研修と人材交流の場に

<今回の新規ビジネスの視点>

人工知能(AI)を使った農業に注目が集まっています。

品質のよい農作物を安定的に栽培できるだけでなく、農業に特別な知識も経験がなくても生産できるシステムは新規就農を促すきっかけにもなります。

農家の高齢化は深刻で全国各地で生産量も減っています。農機具の進化や設備の自動化、AI・ITを駆使して、企業の新規事業の選択肢に担える事業に発展してほしいと願いします。

そこで、今回は農業の新しいビジネスモデルを考えてみました。

異業種の企業が参入しやすく、なおかつ研修・人材交流もできる場にもなります。

続きは、ぜひ動画をご覧ください。新規ビジネスは3分でプレゼンしております!

関連記事

  1. 焼き肉チェーンのコロナ後「食材高転嫁も難題」大手3社社長に聞く|第19…

  2. 目覚めた40代増殖中「働く男はメークで武装」メンズコスメ|第54回今朝…

  3. 「決められない消費者」増加? 勧めるサービスが人気! 旅・本・香水はガ…

  4. 映画も大ヒット!任天堂・宮本さんの仕事術「マリオの父はすべらない」|第…

  5. 日清宣伝部「常勝CMの作り方」社長と毎週「御前会議」「旬ネタ、熱いうち…

  6. フォーエバー21、再上陸!価格も世代も上を狙う「10~30代で単価40…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

YouTube Live<OnAir>

Podcast<OnAir!>

新刊「大丈夫、策はある」(ごま書房新社)