マツキヨココカラ始動「新たな仲間 まだ求む」|第43回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2021年10月01日

【本日のINDEX】
1.一面記事|マツキヨココカラ始動 新たな仲間まだ求む
2.注目記事|レストランに「定期収入」を 店が赤字でも持続可能に
3.新規ビジネス|「ついでに送って」便で店外収益をUP!

<本日の前説|YouTube>
今朝も8時からYouTubeで生配信をしました。

10月に入ってしまいましたね。。。今年も残り3ヶ月になりましたが、まだ3ヶ月です。やり残したことがあれば今すぐ取り組めば間に合います! 一緒にがんばりましょう♪

さぁ、早速今朝の日経MJの一面をご紹介いたします。話題はドラッグストアです。マツモトキヨシとココカラファインが統合して新会社が1日から発足しました。

新会社社長の松本社長は、「売上高1兆5000億円を目指す」そうです。私の勉強不足でしたが、マツモトキヨシは統合前は業界6位だったんですね。

毎日、コンビニより利用率が高いドラッグストアですが、どこのお店がお気に入りというこだわりはありません。

近くて安ければどこでもいいと個人的には思っています。ドラッグストアの多くがNB商品がほとんどで品揃えも変わりませんからね。

この記事を読んだ後、他の日経MJの「物流」についての記事を読んで、

「これを店舗レイアウトに活かしたら、画期的なお店ができるかも!?」

という発想が思いつきました。ぜひ、動画でご覧ください。

次は個人的に注目した記事です。

「レストラン(店舗)を軸にした経営は限界です」

こんな言葉から始まる記事で、今後の飲食店経営の参考になる内容でした。

「店が赤字でも持続可能に」をコンセプトに、これからの飲食店は「店外収益」を前提にビジネスモデルを設計していかなければ生き残れない時代になりました。

そんな「店外収益」のアイデアをとして一つ私から提案いたしました。コンセプトは朝の習慣化です。

平日と週末でアプローチのコンセプトを変えると幅広い利用者が見込めます。

最後は、新規ビジネスの5分プレゼンです。

ネタ元は、「セブンイレブンがPCR・抗原検査キット発売」からです。

このキットはお店では渡しません。自宅配送します。理由は加盟店の在庫負担を軽減するためです。

「そんな面倒な!」

というご意見がありそうですが、この自宅配送を逆手にとり、新しいサービスを考えました。

ぜひ、動画でご覧ください!

関連記事

  1. カーブス、再成長カーブを描く!本家・米国企業を買収し世界へ「強みはコミ…

  2. テレワーク多様化「自宅だけ」派が8割 75%「自己負担なら使わず」|第…

  3. 「築地銀だこ」25周年 一本足よりタコ足経営<ホットランド>|第162…

  4. 「ロゴが語る変革期」ウェブを意識、シンプルに|第124回今朝の日経MJ…

  5. フリマ世代の購買行動「リセールバリュー」売れる安心感が購入を後押し|第…

  6. 地域CEOに聞く「ユニクロ 地球の歩き方」|第117回今朝の日経MJで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

YouTube Live<OnAir>

Podcast<OnAir!>

新刊「大丈夫、策はある」(ごま書房新社)