ローソン「マチの宅配ステーション」生鮮品10分、出来立ての味お届け|第149回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2022年06月10日

「ローソンの本気度がマックス!?」

▼ローソン「マチの宅配ステーション」生鮮品10分、出来立ての味お届け|第149回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2022年06月10日

【本日のINDEX】

【1】今朝一面記事|ローソン「マチの宅配ステーション」生鮮品10分、出来立ての味お届け
【2】注目した記事|びっくり!? 「パナソニック」を知らない若年層5割
【3】新規ビジネス|ローソン戦略にもう一つ「第四のサービス 置き販」

<今回の新規ビジネスの視点>

ローソンが矢継ぎ早に宅配サービスを拡大しています。

理由は日販の減少傾向にあり、コロナ以前の11〜12年をピークに5万円近く減っています。

そこで、コンビニに店舗網を活用して宅配サービスに力を入れています。

(1)Uberイーツを活用して商品の宅配
(2)オニゴーと組み、生鮮品のQコマース
(3)店舗のキッチンを使ってゴーストレストラン

今回の新規ビジネスは、第四のサービスを考えました。コロナ禍で急成長したアレを活用します!

ぜひ、動画をご覧ください。

関連記事

  1. 紋別のキセキ「紋別タッチ」飛行機ファン(修行僧・マイラー)のアイデア実…

  2. 西武園ゆうえんち「幸せに『昭和という包装紙』」|第15回今朝の日経MJ…

  3. インバウンド観光はコロナ前と変化!?「有識者に聞いてみた」|第201回…

  4. #01 記事と珈琲とこぼれ話|stand.fm|ライブ配信

  5. 宝塚歌劇団のグッズ販売店「宝塚アン」レシートにタカラジェンヌの名前|第…

  6. サイクルツーリズム訪日客呼ぶ!橋も坂も観光ツール、走る観光「1週間で1…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

YouTube Live<OnAir>

Podcast<OnAir!>

新刊「大丈夫、策はある」(ごま書房新社)