「自分だけの山」に憧れる四〇代、キャンプブームと日本の山問題|第136回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2022年05月11日

時々、誰もいない山に篭りたくなります。。。

▼「自分だけの山」に憧れる四〇代、キャンプブームと日本の山問題|第136回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2022年05月11日

【本日のINDEX】

【1】今朝一面記事|「自分だけの山」に憧れる四〇代、キャンプブームと日本の山問題
【2】注目した記事|GUのマネキン、学生がコーディネート!大胆にマネキン増やす店舗もあり!?
【3】新規ビジネス|フリマアプリ利用者が急増!? 出品したくなる仕掛けの裏にAI

<今回の新規ビジネスの視点>

人工知能が総菜やパンなどの日配品の値引きを判断するシステムがあるそうです。試験導入したスーパーでは「ロス率」が1割強改善したとか。

薄利多売のスーパーにとっては、ロスが減るだけでなく、値引きシールを貼る作業が誰でもできる点もメリットが大きいですね。

システムは、過去の販売データを学習して、品物ごとに適切な値引き率やタイミングを指示してくれます。また、天気予報をもとに当日の来客数予想も加味してくれて、売上を最大化してくれる優れものです。

そこで、こんなシステムがあれば、このケースの導入にピッタリだとひらめきました!

得られる金額が即座にわかれば、面倒な作業も喜んでします。

ぜひ、動画をご覧ください。

関連記事

  1. #02 記事と珈琲とこぼれ話|stand.fm|ライブ配信

  2. PayPay崩すかポイント岩盤!スマホ決済王者の第2幕へ「迎え撃つ4陣…

  3. 変革期の「とらのあな」通販に集中、同人誌作家の応援の力|第183回今朝…

  4. Amazonが最後のピース ヤマダ「家戦略」テレビが要|第115回今朝…

  5. 課題解決のヒントは行動経済学「人の心のツボを押す」|第60回今朝の日経…

  6. 100円ショップで男性客つかむ 「貨物コンテナ」缶ケースで再現|第50…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

YouTube Live<OnAir>

Podcast<OnAir!>

新刊「大丈夫、策はある」(ごま書房新社)