AB&Company独自事業モデルで美容業界No. 1「1年で120店出店できる秘密」|第244回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2023年01月23日

「競争が激しい業界は勉強になる」

▼AB&Company独自事業モデルで美容業界No. 1「1年で120店出店できる秘密」|第244回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2023年01月23日

【本日のINDEX】

【1】今朝一面記事|AB&Company独自事業モデルで美容業界No. 1「1年で120店出店できる秘密」
【2】注目した記事|至れり尽くせりサービスで「すし職人、海外へ行」就労ビザ取得mまで
【3】新規ビジネス|国内で技術とコミュ力高めて!美容師、海外へ行く

<今回の新規ビジネスの視点>
海外志向の高い「すし職人」希望者向けに「海外就職コース」が生まれます。

料理人養成校「飲食人大学」は英会話スクールのベルリッツと組み、英会話レッスンのほか、就労ビザの取得までサポートするサービスを提供します。

新コースは2年で220万円。

2年という長期間の研修が海外での就労ビザ取得にはポイント。海外では数年の実務期間を求める国が多く、短期の研修では研修後、別の店舗で働く必要がありました。

まさに、海外で働くことを前提としたコースで、就職先が決まった後もサポートができるよう人材サービスとも提携するそうです。

世界的に和食ブームですし職人需要が高まっている点もありますが、栄枯盛衰の激しい国内の飲食業界を飛び出して海外で勝負したい人には至れり尽くせりです。

そこで、今朝の日経MJ一面の美容業界に当てはめて、新規ビジネスを考えてみました。

これからのインバウンド需要を美容業界が享受する可能性も秘めています。

続きは、ぜひ動画をご覧ください。新規ビジネスは3分でプレゼンしております!

関連記事

  1. 熱いぞ!地方底力ビジネス特集|#20 今朝のアイデアの破壊力ラジオ|2…

  2. 銀座の大家、浜松軽トラ市、電力データで高齢者見守り|第352回日経MJ…

  3. 日本式農業、タイで実り 地場産と輸入品の「間」を狙う イチゴ、ミニトマ…

  4. 象印、新規事業拡大「食」「暮らし」を軸に3本柱体制を目指す|第191回…

  5. 保育留学、1週間から「広がる教育移住」受験か自然か、不安映す|第202…

  6. 無人駅を観光資源へ 短所を逆手に「百客千来」無人駅は全体の48%450…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

YouTube Live<OnAir>

Podcast<OnAir!>

新刊「大丈夫、策はある」(ごま書房新社)