新規ビジネス 巣ごもり快適「進化系スマートすりっぱ」|第64回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2021年11月19日

▼新規ビジネス 巣ごもり快適「進化系スマートすりっぱ」|第64回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2021年11月19日

【本日のINDEX】

01:12|1_一面記事|減プラ 有料化には慎重「プラスチック資源循環促進法」22年4月施行
09:22|2_注目記事|重さ量って節約グセ 飲料や洗剤、消費ペース確認
13:53|3_新規ビジネス|巣ごもり快適「進化系スマートすりっぱ」

<本日の前説|YouTube>
今朝の日経MJの一面は「プラスチック資源循環促進法」についてです。

22年4月に施行されることはご存じでしょうか? 対象となる企業は限られてきますが、利用者として影響があります。

スターバックスでは、紙ストローを導入していますが、評判はあまりよくはありませんが廃プラの削減には仕方がないですね。

お弁当に付けるスプーンやフォークを有料化する動きもありましたが、企業側は消極的です。理由は有料提供に切り替えるためのシステム変更が容易でないこと。また、外食店へ客が逃げる恐れがあることなど挙げられます。

紙製、木製はコストがかかり、今までのプラスチックと比べて感触が違いますが、これからの企業努力と慣れで乗り切れることですから、消費者として積極的に活用したいですね。

今朝の注目記事は、「スマートマットライト」についてです。

「スマートマットライト」って何?  これは簡単に言うと、重量が測れる機器です。

例えば、この製品の上に醤油を置き、日々の残量を把握することで消費ペースがわかり、購入時期を教えてくれるのです。

置くだけで買い時を教えてくれるんですから、過剰な買い置きを防げますよね。また、日々の使用量がわかりますから節約に貢献します。

ただ置くだけの単純な動作ですから継続できそうです。

実に目の付け所がユニークです!

最後は、新規ビジネスのプレゼンです。今回のテーマは、スリッパです。

コロナ禍で在宅時間が長くなりましたので、快適な日常を実現するためにスリッパに注目が集まり、さまざまな進化系スリッパが販売されています。

そこで、私のアイデアは、進化系のまさにスマートすりっぱです。

ぜひ、開発して販売してほしいです。

この商品があれば一日中座りっぱなしになることもないし、足ツボも押してくれて、なおかつ、時間に正確になります!

ぜひ、動画でご覧ください。

関連記事

  1. ヤオコー・イオン「スーパー、データで七変化」|第21回 今朝に日経MJ…

  2. 五輪商戦 舞台は家ナカ|第13回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみ…

  3. バルクオムは「卒業」宣言/D2C新興ブランド個性か?マスか?|第46回…

  4. 熱いぞ!地方底力ビジネス特集|#20 今朝のアイデアの破壊力ラジオ|2…

  5. 課題解決のヒントは行動経済学「人の心のツボを押す」|第60回今朝の日経…

  6. 任天堂『ダメゲー』歓迎|第12回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Podcast<放送中!>

新刊「大丈夫、策はある」(ごま書房新社)

企画参謀の相談室