ぐるなび、続々と新規事業で挑戦!外食需要の急減で低迷|第94回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2022年01月31日

▼ぐるなび、続々と新規事業で挑戦!外食需要の急減で低迷|第94回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2022年01月31日

【本日のINDEX】

01:40|1 今朝一面記事|ぐるなび、続々と新規事業で挑戦!外食需要の急減で低迷
13:23|2 注目した記事|キーコーヒー、「純喫茶」の魅力発信 SNS活用、若年層呼び込む
18:48|3 新規ビジネス|黒板でも毛筆でも!?手書きメニューを撮ればスマホ注文できる!

<本日の前説|YouTube>
▼今朝の日経MJの一面は「ぐるなび」です。

新型コロナウイルス下の外食需要の急減に伴って「ぐるなび」の業績も低迷しています。

しかし、ぐるなびの「有料加盟店数」は2018年から減っており、新型コロナウイルスがさらに押し下げたようです。

そんな状況を打開すべく、ぐるなびは新規事業を次々と展開しております。

「販促サポートから脱して飲食店の経営を総合的にサポートする企業へ」

研究目的の飲食店経営からスマホ注文アプリの提供、デリバリー、仕入れECサイトの開設など、事業の垂直展開をしています。

杉原社長いわく、「卸売りECサイトは飲食店情報サイトに次ぐ事業の柱に育てたい」とのこと。

今後の、さらなる事業展開に注視していきたい。

     *     *     *

▼次は、個人的に注目した記事をご紹介します。今回はキーコーヒーの「純喫茶 ジャーニー」です。

キーコーヒーは、自社の主要な顧客である「純喫茶」の情報発信に力を入れています。

インフルエンサーと組み、店舗情報をはじめSNSを活用して写真を共有するなど、喫茶文化を一過性で終わらせず、根付かせる支援をはじめました。

すべて自前で構築するのではなく、素人とはいえ見識が深いインフルエンサーと協業することでスピード感をもって展開する点が秀逸です。

それだけ飲食店の苦境が深刻であることが背景にありますが、ぐるなびと同様、主要顧客を支援する動きは今後、どの業界でも起きてきそうです。

     *     *     *

▼今回の新規ビジネスの3分プレゼンのテーマは「スマホ注文」です。

一面のぐるなびの記事をヒントに飲食店のスマホ注文について、新規サービスを考えてみました。

個性的な飲食店ほど、メニュー表に力をいれています。写真を工夫したり、黒板に手書きをしたり、毛筆で力強く書いたり。

もし、手書きで作成したメニュー表が一瞬でスマホ注文に対応したら、すごくないですか?

飲食店側の手間が少なく、来店客にも便利です。

続きはぜひ、動画をご覧ください。

関連記事

  1. 買い物の楽しさ堪能!「専門店こそ魅力」特集|#51 アイデアの破壊力で…

  2. 保育園「全入」へ 選べる時代は?「学び」に、「食」に強み|第187回今…

  3. 銀座の大家、浜松軽トラ市、電力データで高齢者見守り|第352回日経MJ…

  4. 頼れる「卸」へ 店作り、マーケ支援 デジタル販促を駆使|第184回今朝…

  5. 攻めたね〜!猫、デニム、スマホ、トイレ紙までユニーク商品特集|#29 …

  6. 「北欧、暮らしの道具店」クラシコム22年8月上場 ラジオ・ドラマ自前で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

YouTube Live<OnAir>

Podcast<OnAir!>

新刊「大丈夫、策はある」(ごま書房新社)