第11回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2021年7月16日

おはようございます。きょうも「今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた」を生配信いたしました。この生配信は、日経MJが発行される月、水、金曜日に行なっております。

本日の日経MJのトップ記事は、イオンがディスカウントストア事業のテコ入れに乗り出したという話題です。新型コロナウイルス下で消費者の低価格志向もより一層強まり、スーパーやドラックストアなどの垣根を越えた安売り競争の激しさを増すためです。

個人的に注目した記事は、凸版印刷の店頭販促(POP)型サイネージで利用客の購買行動を解析するサービスとリクルート調べのデジタルツール導入に関するデータです。どちらにも共通して言えるのは、感度のいい経営者はこれからも生き残れるということ。つまり変化に対応できるかどうかが、今経営者に求められる一番の素養だと読み取りました。

最後に今朝の日経MJでひらめた新規ビジネスをご紹介しております。今回からこの新規ビジネスのプレゼンを5分と区切り、5分間でプレゼンいたします。

ぜひ、ご覧ください。

関連記事

  1. P&G流 マーケとは経営「消費者理解術、汎用性高く」幅広い業界…

  2. ヤオコー・イオン「スーパー、データで七変化」|第21回 今朝に日経MJ…

  3. 上新電機の戦略が異彩!2割のファンが売上の8割「趣味分野」の売り場づく…

  4. トイレ広告が普及した理由?「個室内の壁は遊休資産」トイレ広告のメリット…

  5. Z世代のニーズ掘り起こし「上の世代へ波及を期待」|第114回今朝の日経…

  6. 家具市場10年で4割増「家具市場、イイネで成長」ニトリ、ヤマダ、カイン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

YouTube Live<OnAir>

Podcast<OnAir!>

新刊「大丈夫、策はある」(ごま書房新社)