賃金上昇堪えかね4社で1300店「夜は店員レス韓国コンビニ」|第62回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2021年11月15日

▼賃金上昇堪えかね4社で1300店「夜は店員レス韓国コンビニ」|第62回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2021年11月15日

【本日のINDEX】

01:16|1_一面記事|賃金上昇堪えかね4社で1300店「夜は店員レス韓国コンビニ」 
07:50|2_注目記事|デジタル時代の新事業開発 検索最適を起点に
13:21|3_新規ビジネス|死角で新規事業を生み出すマッチングサービス「デッドアイデア・クリエーター」

<本日の前説|YouTube>
今朝の日経MJの一面は、韓国のコンビニについてです。

記事の内容は、近い将来日本でも起こりうる事で他人事ではありません。

店舗数の飽和感と最低賃金の上昇で経営を圧迫し、夜間は無人化へと舵を切りました。

さまざまなIT技術を駆使して無人で店舗運営する仕組みを作り、ビジネスモデルを構築しつつあります。

人手不足の日本とは少し違いますが、日本でもコンビニの日販は下がっており、運営コストの圧縮は急務です。

今後の韓国コンビニの動向を注視しつつ、成功事例はどんどん取り入れていきましょう。

今朝の日経MJで注目した記事は、人気マーケッターの神田さんの連載記事です。

デジタル時代には、潜在客のほとんどはネットで検索して会社や商品を知ることになるため、検索エンジン最適化が必須です。

だったら、事業立ち上げの初期段階から検索エンジンに最適化した商品を設計・開発した方がよいと記事で紹介しております。

激しく同意いたします。

逆算して事業を構築すればそれだけ市場のニーズに近くなり、リスクは低く抑えられます。

たとえ事業のコンセプトが合致していなくても、派生するサービスのメニューを工夫すれば、検索ワードに寄せることはできます。

最後は、新規ビジネスの3分プレゼンです。

今回は「死角ビジネス」です。

注目記事でも紹介しましたが、ネットの集客力が高いほど、どこで起業しようと成功する可能性は高い。

そこで、リアル店舗でデッドスペースがあればそのスペースを公開して手を挙げた起業家へ貸し出すサービスはいかがでしょう。

続きは、ぜひ動画をご覧ください。

関連記事

  1. 北海道ボールパークFビレッジ「現状維持」では失敗する!野球「も」やるエ…

  2. 北海道中心の「サツドラ」人口減でも勝てる店づくり「地域ポイントは町民の…

  3. LGBTQの悩みに寄り添うサービス〜虹色の橋 衣職住に架ける〜|第12…

  4. ヒット商品番付特集 大型小売・ファッション編 ライフスタイル編 フード…

  5. 植物肉「代替じゃない」DAIZへ出資続々、事業拡大中!|第174回今朝…

  6. 「企業目線では伝わらない」を自覚せよ(Z世代を意識した取組み)|第30…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

YouTube Live<OnAir>

Podcast<OnAir!>

新刊「大丈夫、策はある」(ごま書房新社)