楽天流西友生鮮EC深堀り〜リアル店舗とネット融合 新段階〜|第121回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2022年04月06日

▼楽天流西友生鮮EC深堀り〜リアル店舗とネット融合 新段階〜|第121回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2022年04月06日

【本日のINDEX】

【1】今朝一面記事|楽天流西友生鮮EC深堀り〜リアル店舗とネット融合 新段階〜
【2】注目した記事|なぜ? 名古屋中心部に生鮮専門店が続々出店しているのか?
【3】新規ビジネス|お金になるデータ分析と活用方法〜料理レシピは購入動機の宝庫?〜

<今回の新規ビジネスの視点>

クックパッドの食のデータベースを「たべみる」によると、「時短」「簡単」の検索頻度が2018〜2019年を境に右肩下がりだそうです。

このデータにより「時短料理」人気に陰りという見出しで記事が紹介されています。

しかし、本当にそうだろうか?

もし、このデータを基に販促やキャンペーンを打ったとしたら、間違いなく失敗するでしょう。

イオンのショッピングモールをはじめ、コンビニでも地域別の店舗作りを取り組んでいるおり、日本全体のデータはビジネス的にはほぼ意味をなさないと考えます。

そのため、データ分析や活用方法は「地域別」で調査が欠かせず、せめて「都心部」と「地方」で分けるべき。

今回の新規ビジネスはこの点をプレゼンいたしました。

ぜひ、動画をご覧ください。

関連記事

  1. 第三回 今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2021年6月28日…

  2. 久間宣行の「ずるい仕事術」/ヒットの極意は?」|第140回今朝の日経M…

  3. すし職人、海外の高給店へ「すしシェフの需要は世界で高まる」|第195回…

  4. 異彩アート、慈善を超えて!ヘラルボニー、上場目指す ミッション「異彩を…

  5. エッジの効いた新発想商品特集 身の丈バック?エアタグ付き?ナウライト?…

  6. 値付け対決!AI vs 店員 適正価格はどちらが適任?「正解へ近づく好…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

YouTube Live<OnAir>

Podcast<OnAir!>

新刊「大丈夫、策はある」(ごま書房新社)