マツキヨ、スギ、ウエルシア「尖るPBの開発に力入れる」|第138回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2022年05月16日

「PBのビジネスモデルのステージが変わった」

▼マツキヨ、スギ、ウエルシア「尖るPBの開発に力入れる」|第138回今朝の日経MJで新規ビジネスを考えてみた|2022年05月16日

【本日のINDEX】

【1】今朝一面記事|マツキヨ、スギ、ウエルシア「尖るPBの開発に力入れる」
【2】注目した記事|球場で食べれる飲食メニューを自宅で!だったら、これもどう?
【3】新規ビジネス|タクシーが客待ちしている時間もビジネスにする!

<今回の新規ビジネスの視点>

コロナ禍で夜間外出が減ったことなど、タクシー需要は落ち込んでいます。直近の営業収入は19年の6〜7割程度の水準、さらにガソリン価格高騰で厳しい環境が続いています。

そんな中、「配車アプリ」による利用が増えており、「流し営業」をしなくてもお客が獲得できるためガソリン消費を減らし、効率的に営業ができるため、大きなメリットになります。

そこで、「配車アプリ」からの通知待ちをしている時間も有効に活用するサービスを考えました。

待つ場所としてもメリットが大きいです。

ぜひ、動画をご覧ください。

関連記事

  1. サムスン、日本市場で巻き返し!iPhoneの2つの岩盤に挑む「3つの戦…

  2. “未開の地”を探し、活用してみた!編|第1回 早朝6時の発想会議|20…

  3. ノンアルが看板メニュー「直営店で市場仕込み中」若者、ノンアルもサワー派…

  4. 中古車サブスク 契約倍増のサービスも「車は道具」割り切る若者|第206…

  5. コロナ前に戻るのか? 21年度コンビニ調査 19年度比3.9%減|第1…

  6. オンディーズ、世界展開へインド企業の傘下に 目標「時価総額1兆円」|第…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

YouTube Live<OnAir>

Podcast<OnAir!>

新刊「大丈夫、策はある」(ごま書房新社)