みんなの企画部

2701

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

movie

「企画が欲しい」が全部叶う

最新のアイデア・企画ネタ

新しいネタ2020 .5. 29.(金)

【第3,669号】《 ランニング・パーク 〜 低コストで来園頻度高める 〜》

小島の企画“生”ノート*2021年の妄想*
〜1年後の“きょう”を発想する〜

[発行:2020_05_29]

No.55/100【第3,669号】《 ランニング・パーク 〜 低コストで来園頻度高める 〜》

テーマパーク内をぐるっと一周できるコース(通路)を決める。そのコースには青色のペンキを塗り、一定間隔で「給水所」を設ける。

これで完成!

テーマパーク内に設けた「ランニングコース」。利用は平日のみ。(※休日は人が多いので衝突の危険があるため禁止)主な利用者は高齢者。また、青線の隣に赤色の線も引きます。赤線はウォーキングコース。そう、歩けるコース。

広いテーマパーク内をゆっくり景色やアトラクションを眺めながら走れる。テーマパークは景色のいい場所にあることが多く、とても爽快。

給水所には休憩所も併設されているので疲れたら、休める。万が一、体調が悪くなった場合はすぐに通報できるよう一定間隔で「緊急呼び出しボタン」を設置。

さらにマラソン大会で使われている計測システムも完備しているので、走った距離から時間、ランプライムなども計れ、走り終わるとレポートとしてもらえる。

まさに“マラソンのテーマパーク”だ。

仕掛けはまだある。利用者が高齢者を想定していますので走った距離に応じてポイントが貯まり、貯まったポイントで入園券や乗り物券を進呈。そう、平日は走りに来てポイントを貯めて、休日は孫と一緒に来てアトラクションで遊ぶ。

テーマパークとはいえ、遠方の客を呼ぶことばかり考えず、地元の人が頻繁に利用できる方法を考えてはどうだろう。どの商売も言えるが、地元の人、近所の人に愛されるサービスは不況になっても強い。

日本は景気が悪くなり、高額なエンタメは敬遠されると予想。そのため、幅広い層に来園いただく仕掛けが必要。

◆◆◆発想の起点◆◆◆
『遠くの恋人より地元の友達と仲良く』

小島:答え合わせは1年後

今回の企画ネタはいかがでしたか?

スケジュール

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議